アクセスランキング

青春@速報

人生大青春!2chまとめさいと

    最高の人生は、青春から始まる

    カテゴリ:ニュース > 宗教

    1: レッドインク(四国地方)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/29(火) 11:57:05.36 ID:n/7rW83u0.n
    先週の金曜日は『グッドフライデー』と呼ばれていて、イエスが十字架に架けられた日とされています。
    イエスが3日後に蘇ること、十字架に架けられることはすべて神様の計画だったため、このように呼ばれています。
    この日にカトリックではお肉を切る、食べるという習慣があるそうです。今回はそんなお肉に関するお話です。
    もしかしたら見た目は普通かもしれません。しかし、お肉を切ってみると見た目が悪魔そっくりだったのです。
    この画像はフェイスブックでシェアされて話題を呼んでいます。なんだかすこしぶきみですね。
    no title

    http://www.celebnews.top/%E4%B8%E7%8C/1054746952.html

    【【恐怖】生肉を切ると断面が悪魔 SNSで話題に】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 投稿日:2016/03/25(金) 12:23:54.85 ID:CAP
    京都府警右京署は25日、暴行の疑いで、妙心寺の塔頭、智勝院(京都市右京区)の副住職、川島宏明容疑者(35)を現行犯逮捕した。

    逮捕容疑は、25日午前0時15分ごろ、同区谷口唐田ノ内町の府道で、後方から来た府立高校1年の男子生徒(16)のミニバイクを蹴り、転倒させたとしている。

    右京署によると、川島容疑者は「当たっただけだ」と容疑を否認している。当時は酒に酔った状態で歩いていた。男子生徒は市内の病院に救急搬送されたが、軽傷とみられる。

    http://www.sankei.com/west/news/160325/wst1603250045-n1.html

    【【京都】僧侶(35)、高校生のミニバイクを蹴り倒し逮捕】の続きを読む

    1: リサとギャスパール ★ 投稿日:2016/03/24(木) 23:11:39.91 ID:CAP
     キリスト教にちなむ春の祝日「イースター」(復活祭、今年は27日)を商機につなげようと、食品メーカーなどが関連商品の発売やキャンペーンに取り組んでいる。
    少子高齢化で国内市場縮小が懸念される中、「ハロウィーンに続く商機に育てたい」と各社の鼻息は荒い。果たして「二匹目のドジョウ」となるか--。

     欧米のイースターでは、生命の象徴とされる卵にちなんだ飾り付けをしたり、卵料理を食べたりするのが一般的だ。日本でも「卵」関連商品の発売が相次いでいる。

     森永製菓は魚介類の形をしたスナック菓子「おっとっと」で、卵形のスナックも混ぜた限定版を3月上旬から発売。
    スナックの中から卵形を探しながら食べる「エッグハント」を楽しみながら食べられるのが特徴。
    同社は、関連商品を2015年の7種類から16年春は10種類に増やした。

     キユーピーも、卵のコクとうまみにタマネギを合わせた黄色の「コクのたまごドレッシング」を2月から数量限定で発売中。
    このドレッシングを使い、卵形に盛りつけたポテトサラダの作り方などをホームページに載せ、イースターを盛り上げようとしている。

     アサヒビールも3月から国内8工場で、卵料理に合うカクテルの作り方を紹介する催しを順次開いている。
    カクテルは、イースターのゆで卵を色鮮やかに塗る風習にちなんでカラフルに仕上げようと、野菜ジュースとビールを混ぜた。

     各社がイースターに期待を寄せるのは、もともと日本でなじみが薄かったハロウィーンが一大イベントに成長したからだ。
    一般社団法人・日本記念日協会によるとハロウィーンの市場規模(推計)は2011年の560億円から15年は1220億円まで倍増した。
    イースターの市場規模はまだ小さいが、14年の190億円から16年は300億円超に膨らむ見通しだ。

     東京ディズニーランドなどを展開するオリエンタルランドも、10年からイースターのイベントを行っている。
    同社はハロウィーンのイベントを1997年から行い、定着に貢献した「実績」を持つだけに、各業界からのイースター定着に寄せる期待も高まっている。

     ニッセイ基礎研究所の井上智紀・准主任研究員は「3~4月は、5月の大型連休を前に消費を一度手控える時期。
    イースターが『消費てこ入れ』のきっかけになるのではと、企業は期待している」と分析。一方、「今は卵に絡めた売り込みに限定されている。
    ハロウィーンが日本では若者が町中で仮装して練り歩く日として定着したように、いかに日本流に『変質』していくかが定着へのカギを握る」と指摘する。【岡大介】

    ■イースター(復活祭)■
     イエス・キリストが十字架にはりつけられて処刑され、3日目に「復活」したとされることを祝う、キリスト教の重要な祝日。
    春分の日を過ぎて最初の満月があった次の日曜日に祝うため、年によって日付が変わり、今年は3月27日。
    欧米では、生命の象徴としての卵や、子孫繁栄を象徴して多産のウサギを、モチーフにして飾り付けなどをして祝う。
    ゆで卵を鮮やかに色づけした「イースターエッグ」を家に飾るほか、それを庭などに隠して探す「エッグハント」、割らないよう注意しながら芝生の上を転がす「エッグロール」などで楽しむのが一般的。
    日本では、古くは森永製菓が1925年に卵形のチョコレートをキリスト教信者向けに販売した記録が残っている。

    http://mainichi.jp/articles/20160325/k00/00m/020/095000c
    毎日新聞2016年3月24日 21時24分(最終更新 3月24日 21時24分)

    【キリストの復活祭「イースター」 狙え第2のハロウィーン、商戦活況  今年は3月27日】の続きを読む

    1: ラ ケブラーダ(四国地方)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/22(火) 12:14:21.63 ID:5v0OX7lh0.n
    キリストの張り付けについて疑問が浮上しました。
    no title

    誰もが知っている通り、キリストは十字架に釘で手足を打たれて張り付けにされたとされていますが、
    今になってその伝記に異議を唱える研究者が登場しました。彼らは、キリストは十字架に釘付けにされたわけではないと言います。
    福音書には、キリストが十字架に張り付けられた経緯が詳しく記されており、
    誰もそれを疑う者はいませんでしたが、その研究者らは釘づけを解かれたあと、
    民衆に何の反応も起きなかったなどの詳細な情報を組み合わせ、キリストは釘づけではなく、
    単純に縄などで括り付けられていたのではないかと考察しています。
    http://www.nationpost.top/%E4%B8%E7%8C/57003850.html

    【キリストは釘で打ち付けられていたわけではない可能性が】の続きを読む

    このページのトップヘ