アクセスランキング

青春@速報

人生大青春!2chまとめさいと

    最高の人生は、青春から始まる

    カテゴリ: 一般

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 888b-wO5k) 投稿日:2016/03/16(水) 13:45:02.15 ID:0HIQGjoF0.n
    こんなにも日本は世界から愛されていた! 涙せずにはいられない日本外交の歴史秘話

    米国調査機関ピュー・リサーチ・センターが実施した、アジア11カ国を対象にした国別好感度調査では、日本を「好意的」と答えた人が71%で1位に輝いた。ビザ・ワールドワイドが外国人1万人以上に調査した、
    「観光したい国」ランキングでも日本は2位につき、日本を訪れる外国人観光客が増加している。どうして日本の好感度はこんなにも高いのか。

    ■パラオ人の胸を熱くした冷たい言葉

     昨年4月、天皇皇后両陛下のパラオ訪問に対して、パラオ国民は熱烈な歓迎に沸いた。パラオはとくに親日国で知られるが、かつての占領国である日本にどうしてそこまで好意的なのか。

     第一次世界大戦後の1920年からパラオの統治は始まった。まず日本が行ったのは道路や橋の建設、教育制度や医療制度の整備だ。
    とくにアメーバ赤痢とデング熱の撲滅がパラオ人の信頼を得た。それからも日本人とパラオ人の二人三脚の開拓が続いた。

    迫ると、島民たちは日本兵と共に戦いたいと申し出たが、ある将校が彼らを一喝した。

    「我々帝国軍人が、貴様らなどと一緒に戦えるか!」

     この言葉に信頼を裏切られた島民たちは、失意のうちに日本軍が用意した船でパラオ本島へ移ることになった。思いがけないことが起きたのは船が島から離れたときだった。
    将校を含めた日本兵らが浜へ走りだすと手を振って船を見送ったのである。日本兵が共闘を拒んだのは、自分たちを救うためだったと気づいた島民たちは、こぼれる涙を堪えられなかったという。
    結果、1万人を超える日本兵が戦死したが、島民の犠牲者は1人もいなかった。このエピソードは、新聞にも掲載されて多くのパラオ人が知っている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/davinci_9864/?p=2

    【日本が世界から愛され過ぎてて泣いた こんな風に思われてたんだな】の続きを読む

    1:2016/03/04(金) 18:23:07.18 ID:
    26歳の女が49歳の男性への結婚詐欺の疑いで逮捕された。被害総額1300万円。
    魅力的なルックスに派手な装い。しかし、男性がお金を渡してしまった理由は、それだけではなかった。
    胸を強調するかのような水着姿で、ほほ笑む女。 石丸理恵容疑者(26)。

    2015年10月、フェイスブックにおみくじで凶を引いたと書き込んだ石丸容疑者。
    おみくじ通りにになったのか、1日、詐欺の疑いで逮捕された。
    会社役員の49歳男性に結婚をほのめかし、金をだまし取った疑いが持たれている。
    【【京都】女(26)結婚詐欺で逮捕…会社役員の男性(49)に結婚ちらつかせ1300万円だまし取り、別の韓国人男性と結婚】の続きを読む

    1:2016/03/09(水) 08:45:17.75 ID:
    された。
    旧日本軍に蹂躙された朝鮮人少女の慟哭を描いたという慰安婦映画『鬼郷(キキョウ)』。
    元慰安婦の証言を基に作られたという同作品が、慰安婦問題の新たな火種になることは必至だ。

    「旧日本軍は強制連行した朝鮮人少女を性奴隷にし、虐殺して燃やした」──。

    韓国人元慰安婦・姜日出(カンイルチュル)氏(87)の実体験をモチーフにしたという映画『鬼郷』が2月24日に韓国で公開され、
    韓国人の反日感情を燃え盛らせている。

    同作品の趙廷来(チョジョンレ)監督(42)は、元慰安婦が共同生活を送るボランティア施設「ナヌムの家」で出会った姜氏に取材を重ね、
    14年の歳月をかけて映画化にこぎ着けた。制作費はネットで出資を募る「クラウド・ファンディング」で賄われ、7万5000人を超える市民から総額約12億ウォン(約1億2000万円)の寄付金が寄せられたという。

    映画は、老婆となった元慰安婦の少女時代と現在が交互に展開する構成で、強制連行に始まる“慰安婦の悲劇”が物語の中心に据えられている。

    舞台は1943年の朝鮮半島。のどかな田舎町の民家に複数の日本兵が押し寄せた。目的はこの家に住む14歳の少女、チョンミン。
    兵士は泣きすがる両親を足蹴にし、彼女を引きずるように民家から連れ去った。連行されたのは、日本軍が支配する中国のとある慰安所。
    ここに集められた10代半ばの朝鮮人少女たちは、いずれも「靴工場での労働」などと騙され慰安所に送り込まれていた。

    事情を呑み込めないまま慰安所に来たチョンミンは、
    軍医に無理やり下半身を検査され、処女であることが確認されると薄暗い個室に押し込められる。そこには年配の日本人将校の姿があった。

    「14歳のヴァージンか……」

     と不敵な笑いを浮かべ、彼女に襲い掛かる将校。チョンミンは必死に抵抗するが、激昂した将校に気絶するまで殴られ犯される。
    他の個室からも同様に、犯され泣き叫ぶ少女たちの声が響いていた。

    慰安所ではこうした暴行やレイプが日常的に繰り返され、廃人同様になる慰安婦や、暴行による死者まで出たと描かれる。

    「今日は生理だから許して下さい」と懇願する慰安婦を鞭で威嚇し、薄ら笑いを浮かべる兵士。
    戦闘に巻き込まれ死んだ少女の血染めの服を慰安婦に着せ、反応を見て楽しむ兵士もいた。

    映画が進むにつれ、日本軍の非人道的行為はエスカレート。
    ある晩、チョンミンは、慰安婦を不憫に思う日本兵・コダマの手引きにより逃亡を試みるが、たちまち捕らえられ仲間とともに拷問にかけられる。

    NEWSポストセブン / 2016年3月9日 7時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_392092/

    写真
    61:2016/03/09(水) 09:04:15.49 ID:
    >>1一番大事な事が抜けてるわ

    ↓※※※※※※※※※※↓
    >映画「鬼郷」を作った趙廷来監督。チョ監督は「証拠(慰安婦問題の)がなかった言葉に腹がたった(慰安婦問題と日本に)
    ので、文化的な証拠の役割を果たしたくて」映画を作ったと述べた。

    ↑※※※※※※※※※※↑
    ハイ これ超大事ね そしてこの創作捏造作品を
    韓国民が絶賛して「証拠だ!」」間違いない史実だ!」 「日本許さん謝れ」「世界で公開し日本の非道さを拡散しろ!」
    とほざいているワケw
     
    84:2016/03/09(水) 09:11:50.03 ID:
    >>1
    こんなのよりも日韓併合当時の朝鮮人の悪逆非道を描くのはまだ未開のテーマじゃないでしょうか
     
    173:2016/03/09(水) 09:33:41.57 ID:
    >>1
    朝鮮人のエログロ系発想力には脱帽するしかないわ。

    こんなの日本人じゃ思いつかない。
    【【映画】韓国で酷い史上最凶反日映画が公開!映画が進むにつれ、日本軍の非人道的行為はエスカレート・・・】の続きを読む

    1:2016/03/09(水) 06:02:29.67 ID:
    http://select.mamastar.jp/96419
    「障がい児産んだら人生終わった」またしてもママの悲痛な声
    先日、その鋭い文体で話題になりついに国会にまで取り上げられた「保育園落ちた日本死ね!!!」という匿名ブログ。
    国会答弁で首相は「匿名なので…」と明言を避けましたが、その声に怒ったのは実際に子どもが待機児童となったママたち。
    ブログの著者ご本人も名乗り出るなど、国会前での「保育園落ちたの私だ」というデモにまで広がり、
    ついに首相も態度を変えて、「待機児童問題や保育士の待遇改善に取り組む」と理解を示しました。

    ■待機児童だけじゃないママが抱える苦しみ
    匿名ブログから始まったこのムーブメントですが、それに応じて新たな匿名ブログが静かに注目を集めてきました。
    それが、「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」というブログです。著者は数カ月前に子どもを産んだママ。
    夫婦共働きならどうにかやっていけると思って、子どもを産んだけれど、子どもは口から栄養を取ることができない
    重い障害を持って生まれてきました。医師や保健師からは「こういう状態の子供を産んで働いている母親はいない」と言われ、
    途方に暮れています。片働きになれば、今の家には住めなくなるし相当切り詰めた生活をしなければならない。
    次の子を持つのも難しい。だったら、子どもと一緒に死にたい…と悲痛な叫びをもらしています。
    このブログが反響を呼び、同じ境遇にいるママやパパからの励ましもあり、追記で「もうちょっと生きてみようと思います」
    と書いていました。私もいちワーキングマザーとして、今後いかなる障害が子どもを襲うかもわかりません。なぜこのような叫びとなったのか、
    簡単ですが調べてみました。

    実は、新生児医療の発達により救える命が増え、このブログに出てくる赤ちゃんのように口から栄養を取れず、点滴などを使う経管栄養や痰の吸引が
    必要な「医療的ケア児」の数は平成23年と平成25年の比較だけでも約6000名増えています。
    おそらく多くのママが妊娠したときや、出産後に「我が子に障害があったら」と思いをめぐらせたことがあるのではないでしょうか。私自身も我が子が
    NICUに入った経験もあり、「もしかしたら仕事は辞めなければならないかも」と考えたことがあります。もちろん考えることと、
    それが現実になることは別です。でも、調べてみれば障害は先天的なものや出生時だけでなく、障がい者人口で言えば後天的なものが半数以上を占めます。
    現時点で当事者でなくとも、いつ自分が当事者になってもおかしくないと感じました。
    ブログ著者のママが言うように、経管栄養や痰の吸引などは、原則「医療行為」のため保育士では対応が難しいのが現実のようです。
    保育園には児童数に応じて看護師も配置されますが、保育士不足の中で看護師が保育現場のサポートをしていたり、保健指導や検診、
    体調を崩した子どもの対応など、とても医療的ケアが必要な子どもに1日ついて看ることは不可能でしょう。実際に障がい児のいる世帯の
    母親の常勤雇用率は5%とも言われており、健常児の母親に比べて格段に少なくなっています。さらに、全国医療的ケア児者支援協議会に
    よれば障がい児の母親の10人に9人が十分な睡眠をとれていないそう。こうした背景を知ると、とても働ける状況ではないことがよく分かり、
    ブログを書いたママの叫びがより現実的なものに聞こえてきました。もしかしたら、実際にはもっともっと多くのママが同じような気持ちでいるのかもしれません。

    まったく救いの手がないのかというと、このブログのコメントにも書き込んでいる人がいましたが、NPO法人フローレンスでは医療的ケア児を受け入れる
    日本初の保育園「障がい児保育園ヘレン」を開園しています。また、全国医療的ケア児者支援協議会という団体が立ち上がり、政策提言などを行った結果、
    医療的ケア児の支援強化へ向けて法改正が進んでいるようです。でもまだまだ足りていないのは素人の私から見ても歴然です。
    私自身はついつい自分の子育てで手一杯になってしまいますが、今回の匿名ブログの発信によって、保育園問題にあまり興味を持っていなかった人が
    興味を持ったりや障がい児の保育園がないことに気づかされたり、自分が当事者以外の問題にも目を向けていかなくてはと思う出来事でした。

    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1457450149/
     
     
    53:2016/03/09(水) 06:17:40.97 ID:
    >>1
    リアル障害児の両親を馬鹿にしているとしか思えない
    めっちゃムカつく
    ふざけんなカス、とブログ書いた奴に言いたいわ
     
     
    56:2016/03/09(水) 06:18:48.44 ID:
    >>53
    そうか?切実な悩みだと思うぞ

    むしろ、障害児を天使ちゃんとか言ってるお花畑脳の親の方がバカにしてると思う
     
     
    410:2016/03/09(水) 07:28:34.67 ID:
    >>56
    悪かったな
    40にして生まれつきの障害認定
    【【育児】「障がい児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」 またしてもママの悲痛な声がブログに★4】の続きを読む

    このページのトップヘ